記事一覧

【口コミ・評価】「Z会」幼児コースは難しい?無料お試し教材レポ|2020年最新|料金比較

この記事では

Z会のお試し教材レビュー

Z会の特徴・料金やおすすめポイント

について紹介していきます♪

Z会のおすすめポイント

難易度は高めで「はじめて向き」ではない

カンタンな年少から始めることで「あとで伸びる力」を身に着ける

基礎+応用でしっかりと身に着けていく

料理・ゲーム・工作など親子で取り組む体験型問題が豊富

それでは充実の無料資料請求の中身を大公開していきます

とりあえず資料請求するという方はこちら

Z会幼児コースのお試し教材をもらう

無料資料請求の中身

内容は以下の通りです

・Z会案内
・はじめてのまなびワーク
・かんがえるちからワーク
・いっしょにおでかけブック
・ぺあぜっと
・ぺあぜっとi

 

Z会案内


年少・年中・年長の総合パンフレット。

1年間の学習の流れや、それぞれの年代の教材の内容、会費などが載っています

はじめてのまなびワーク

幼児コース・年少「かんがえるちからワーク」の中からカンタンな問題を抜粋したお試し号です

子どもが大好きなシールを使った問題もあります。

シールのサイズは他教材と比べて小さめ。慣れていない子だと剥がしにくいかもしれません。

数やことばを学ぶ問題

ひらがな問題では、同じ字のひらがなシールを貼ります。

この「はじめてのまなびワーク」は、導入用のワークなのでかなり難易度は低め

学習が初めてのお子さんでもスイスイ解ける内容になっています

親向けのアドバイスは余白に記載されています。

ですが実は、この後の教材でZ会が本領を発揮してきます

かんがえるちからワーク


こちらが本来のZ会の教材を体験できるワーク。

左:ひらがなの形、右:情報整理力

「帽子をかぶってカバンを持っている子は誰かな?」

「ズボンをかぶってボールを持っている子は誰かな?」

など、複数の情報を整理する力を身に着ける問題などがあります。

左:自然への興味、右:計算力

せんたくばさみの数を数え、同じ数のシールを貼る問題。

数の大小を比較することや、計算力を身に付けます。

単純に解けるわけではなく、頭で考える力が必要になる問題がたくさん。
実際のワークでは1年かけてここから少しずつレベルアップしていきます。
年少でも後半になるとかなり難易度が高くなってきます

いっしょにおでかけブック

こちらは絵本型教材。

読み聞かせをする中で、子どもに問いかけたり考えさせたりする学習要素を含んでいます。

通常版と同じサイズ・ページ数なのでイメージしやすいのがポイント

「ねこさんのお店でいちばん大きいさかなはどれ?」

「ライオンさんは何をしているのかな?」

など、子どもと会話しながら思考力を高めていく内容になってます

ぺあぜっと


Z会の大きな特徴でもある、親子体験型の教材。

実際に家にある洗たくばさみを使って洗濯物を止める

洗たくばさみを使って今度は動物の顔をつくる

レシピにそって焼きバナナを作って食べる


通常板は1ヶ月18ページ、4つほどの体験学習が出来ます。

ぺあぜっとi

ぺあぜっとに取り組む際の親向けの情報・案内本。

体験課題を楽しんでする為の注意点やアドバイスなどが書かれています

資料請求でわかるZ会のメリット・デメリット

メリット

子どもの能力を伸ばす工夫

比較的簡単な問題からスタートし、段々と難易度が高くなっていく構成。

スラスラ解けるのではなく「頑張ってできた!」の達成感を味わわせることが上手な教材です。

簡単すぎるとすぐ終わって飽きてしまうし、難しすぎるとつまずいて進めなくなるし、絶妙な難易度で子どものもっとしたい意欲を引き出してくれます。

親子のコミュニケーション

ワーク・絵本・体験と、どの教材でも「親の役目」があります。

親子で関わりながら教材を進めていくことで、より理解度もアップし、親子の信頼関係も築けます。

他教材と比べても親の出番はかなり多め。メリットと取るかデメリットと取るか・・

副教材が少ない

年少でも年間に届く副教材(アイテム)は3種類程度。

ポスターや形のプレート、ペンなどと小さくて保管に困らない物ばかりなので、通信教材は物が増えて困るという方にも安心です。

1ヶ月のみ受講可能

Z会は〇ヶ月以上受講、という決まりはないため1ヶ月のみの受講も可能です。

デメリット

難易度が高い

他の教材と比べ到達点はかなり高いレベルにあります。

段階的にレベルアップしていくため、きちんと進めていけるならいいですが、

途中で離脱してしまうと付いていけなくなる可能性があります。

値段が高い

値段はやや高めな設定

幼児ポピーの2倍の値段で、副教材がたくさんつくこどもちゃれんじやタブレット学習のスマイルゼミと同水準です。

12ヶ月一括支払いで比較した場合(年少4月号スタート)

幼児ポピー 931円
Z会 1,870円
まなびwith 2,117円
こどもちゃれんじ 1,980円

ワークのみで2,000円近くするのはちょっと割高な印象・・・

親の出番が多い

基本的に親子でしっかり向き合って学習する必要のあるZ会

良くも悪くも親子の時間が長いので結構大変です・・・。

最初から最後まで付き合えるなら問題ないですが、「勝手に自分で解いてくれる」という時間はほぼありません。

資料請求後の勧誘

資料請求後の勧誘メールや電話は一切ありませんでした

Z会の無料資料請求は1分で完了

しっかりと続けることで確かな効果がを実感出来るZ会。

問題の質は他の教材より圧倒的に高く

解き進めることで、自分で考える頭のいい子に育つことが期待できます。

やや難易度が高めなので

今のお子さんのレベルに合うか
課題の内容に付いていけそうか

一度確かめてみることをおすすめします

資料請求は1分で終わるので、まずはお子さんが興味を持つかじっくりお試ししてみてください
Z会をお試ししてみる

Z会幼児コースをお試ししてみる【無料】