記事一覧

DWE内職とは?やって良かった・いらなかった内職|インスタで人気のディズニー英語システム活用法

DWE内職という言葉を知っていますか?

DWEユーザーの方なら一度は耳にしたことがあると思います。

インスタのハッシュタグで#DWE内職と検索すると工夫を凝らした教材の活用方法が沢山出てきます。

その内容は様々で、

・トークアロングカードの仕分け(tac仕分け)
・アクティビティブックのコピー&冊子化
・シングアロングポスターのBOOK化
・マジックペン対応カードのBOOK化
・オリジナルの学習・習得チェック表

など、色々と工夫して作っています。

ひなまる
ひなまる
こ、こんなことしないといけないの?!と初めてみた時は驚愕&不安になりました。

この記事では、

  • DWE内職はしないといけないの?
  • やって良かった・いらなかった内職
  • 内職に必要なもの

以上の項目について解説していきます

DWE内職とは

ディズニー英語システムを利用中のユーザーが、

「より教材を使いやすく、愛着がわくものにしよう」

と独自のアイデアで教材をアレンジしたもの。

中にはトークアロングカードの音声をパソコンから「G-talk」(タッチペン機能の付いた)に取り込み、オリジナルのミニカードを作成したり、

フラッシュカード風のスライドショーをつくったりと、プロ並みの技術を駆使している方も多くみられます。

2019年のリニューアル以降トークアロングカードの音声取り込みは出来なくなっています

DWE内職は必要?

DWEを購入したからと言って必ずしないといけないというものではありません

インスタなどに載せている人はほんの一部なので、内職していない人の方が多数だと思います。

しなくても十分効果を発揮することが出来ますし、教材交換制度を頻繁に使う方ならその都度内職もやり直す必要があります。

ですが、

  • 破れやすいがすぐ手の届くところに置いておきたい教材
  • 保証が効かない教材

についてはより使いやすくするために内職してみるのも良いと思います

やって良かったDWE内職

シングアロングポスターのBOOK化

シングアロングのポスターはリニューアル後からライトライトペンでタッチすると音が鳴るようになりました。

壁に貼ったり床に広げて使うのもいいですが、すぐに破れてしまいます。

ダイソーのカラーボードに貼り付けてBOOK化することで、半年以上破れなしで使うことが出来ています。

トークアロングカード仕分け

510枚もあるトークアロングカードには色分けの為のシールを貼りました。

バラバラになった時にきちんとあった場所に戻せるのが便利です。

ステップバイステップのファイリング

ステップバイステップを進めるうえで使う「アクティビティカード」「スティックオンズ(シール)」

毎回ボックスから該当のカードやシールを探すのは面倒・・・

100均のリングファイル用シールでファイリングし、シール台紙は白黒コピーしてラミネート、

ファイリングすることでスッキリ見やすくまとめることが出来ました。

アクティビティブックのコピー

色塗りやアルファベットの練習に使うアクティビティブックは保証対象外。

1回使いきりで次からは購入することになるので、コピーしておくのがおすすめです。


ボロボロですみません・・・(コピーして使わないとすぐこんなことになります)

正直いらなかったDWE内職

My Big Book of wordsマグネット化

プレゼントで貰った保証対象外のシール。

破れたら嫌なのでラミネート加工してマグネット化しましたが、枚数が多くてとにかく大変。

こんなにたくさんのマグネットを貼るボードもないので、結局ケースに収納したままです。

劣化防止のためラミネート加工するのはおすすめですが、どのように使いたいか考えてからが良いと思います。

マジックペン対応カードのファイリング

Crazy mixed up Animals のカードをラミネート加工しファイリングしました。

最初は楽しく遊んでいましたが、やっぱり神経衰弱のようにばらばらにして遊ぶ方が楽しいようです。

交換も出来るので、ボロボロになることを前提としてカードで遊ぶのがいいかなと思います。

内職に必要なもの

DWE内職に必要なもの・あると便利なものをご紹介します。

ラミネーター

DWE内職をする人はほとんどが持っているラミネーター。

家庭用でも7,000円~1万円程します。

ラミネーターは、ローラーの数、起動時間、対応サイズなどによって値段が様々です

我が家が使っているのは4本ローラー、起動時間2分のものです。

楽天で見てみる

仕上がりは最高ランクで待ち時間も比較的短めのおすすめモデルです。

テプラ

ラベルを付けたりインデックスに使えるのがテプラ。

手書きよりきちんと感が出てます。

フォントが選べたり、可愛い絵文字が使えるこちらの商品を選びました。

楽天で見てみる
水色はこちら
電池でも稼働しますが、すぐ電池切れになってしまうのでACアダプタ付きがおすすめ!
ひなまる
ひなまる
何より見た目がとても可愛い!もちろん見た目だけでなく性能も◎ですよ♪

テプラのカードリッジはこちらがおすすめ

ラベンダー×グレー文字12mm

透明×黒文字12mm

ベビーピンク×グレー文字18mm

かどまるくん

意外と買って良かったものNo.1のかどまるくん。

名前の通り角を丸くカットする道具です。

ラミネート加工したものも綺麗に切れるのが嬉しいポイント

絶対必要なものではありませんが、これがあることで作業時間が大幅に節約できます。

楽天で見てみる

サイズがS,M,Lの三種類から選べるのもおすすめポイント。

あれば絶対「買って良かった」と思える商品です。

最後に

SNSで人気のDWE内職についてご紹介しました。

最初は「よし、やるぞ!」と意気込んでラミネーターやテプラを購入する方が多いと思いますが、

予想以上にお金と時間がかかるので挫折する人も多く聞きます。

DWE内職にはラミネーターを購入したり、収納用品、ファイリング用品など、数万円単位でお金がかかります。

内職には時間もかかるので、その分お子さんとDWEを楽しむほうが良い場合もあります。

ご自身に合った楽しみ方・活用法を見つけてくださいね。